TEL

札幌北区の認可保育園、札幌北はぐはぐ保育園

当園について

ご挨拶

“教える”のではなく、
“あなたが大切だよ”の気持ちを持って、
あたたかい保育を行います。

開園準備の際、園名をいろいろ考え迷いましたが、「とにかくあたたかくハグをして育てたい」という思いから゙はぐはぐ゛という名前に決めました。今でもとても気に入っています。

当園では、生後5ヵ月~就学前の子どもたち40名を、きめ細かく一人一人を大切にしながら、あたたかい保育を心掛けていきます。

子どもたちは、ほとんど毎日近くの公園に行って、四季の変化を体で感じとり、風や雨や虫など身近な自然と触れ合います。秋には、どんぐりや、まつぼっくりを沢山拾ってきてくれます。子どもたちが「ここに来るとほっとして落ち着くなぁ」と感じられる雰囲気や、環境作りを大切にしたいと思っています。

株式会社 バンブーぴあ
代表取締役 竹内 節子

目指していく
保育と子どもの姿

子どもたちにとって保育園は、家庭と同様で、多くの時間を過ごす大切な場所です。遊びや活動の中で、さまざまな感情が芽生えて感性が育ち、さまざまな経験を通して、相手にも思いがあることに気づき、互いの気持ちの変化を学びます。
集団生活の中で社会性を身につけながら、子どもたちが笑顔いっぱいで毎日の活動を楽しめるように・心身ともにのびのびと健やかに育まれるように・お友だちに優しくできる気持ちが自然と身につくように、日々保育に取り組んでいきたいと思います。

保育理念

心身ともに健やかな笑顔溢れる子

保育方針・保育目標

01

元気で活発な子ども

・ゆったりとした環境の中で、心身ともに伸び伸びとした子どもを育てる。
・一人ひとりの気持ちを理解し、受け入れ、信頼関係の中で安心感を与える。
・季節の自然に直接触れ、元気に遊び、丈夫な身体を育てる。

02

心優しい子ども

・集団で生活する中、我慢したり思い合ったり悔しさを味わうなどの
様々な感情が育つ。

03

感性豊かな子ども

・様々な素材に触れて製作を楽しみ、創造力を育む。
・多くの絵本に触れる機会を設け、想像力を養い、言葉や文字への興味を高める。
・行事を通し、自己発揮したり表現することの大切さを経験する。
・食育を通し、食べ物や食材を育ててくれた人へ感謝の気持ちを持つ。

04

家庭との共育て

・保護者との信頼関係を築き、悩みを共有し、心の支えになる。
・一人一人の育ちの背景や家庭環境を理解し、成長の喜びを共有する。
・地域の方々との交流を通し、心身ともに健やかな子どもを育てる。

園の概要

園の名称
札幌北はぐはぐ保育園
運営法人
株式会社バンプ―ぴあ
代表者
竹内 節子
住所
〒001-0029 札幌市北区北29条西10丁目2-5
TEL
011-768-8003
FAX
011-768-8004
園長
鎌田 妙子
職員構成
園長・副園長・主任・保育士(10名)・調理員(3名)
定員
40名
いちご組(0歳)2名、もも組(1歳)7名、ばなな組(2歳)7名
りんご組(3歳)8名、ぶどう組(4歳)8名、すいか組(5歳)8名
受入児童
市内に住む生後5ヵ月~就学前までの児童
提供する保育
通常保育・時間外保育・一時預かり保育・休日保育
保育園
月曜日~土曜日(休日保育は別枠での申込みとなります)
休園日
12/29~1/3
保育時間
保育標準時間 7:00~18:00
保育短時間 8:30~16:30
(短時間保育の場合、7:00~8:30、16:30~18:00に
一時間以内に100円、一時間超えで150円の延長料金が発生します)
延長保育時間 18:00~19:00(一時間200円)
※利用者負担額の区分が、A又はB世帯については、上記金額の2分の1の額を減免します。
利用料
札幌市が規定する利用料を、札幌市から口座引き落としになります。
(3歳児クラス以上は無償化の対象になります)
給食費
●0、1、2歳児クラス~主食費と副食費が保育料に含まれています。
●3、4、5歳児クラス~毎月 主食費¥1,500 副食費¥5,500を頂戴いたします。
諸経費
ベットリース料¥1,450及び感染防止の為の消毒費・衛生費として毎月¥500を頂戴いたします。
連携施設
小規模保育事業所A型 北24条はぐはぐ乳児保育園
〒001‐0025 札幌市北区北25条西4丁目2-2アークパレス25条
ホームページ
https://hagu-hagu.net/

アクセス

住所
〒001-0029
札幌市北区北29条西10丁目2-5
交通機関
地下鉄南北線「北34条駅」より徒歩15分
北73新琴似2条線[中央バス]
北29条西丁目停留所より徒歩1分